あなたの街の遺品整理の専門家をご紹介する総合サイト

遺品整理専門ネット

特殊清掃について

病院で亡くなった場合とは違い、一人暮らしに多い例ですが…
例えば脳梗塞など病気の発作により誰にも知られずに息を引き取って発見が遅れて腐敗が進んだ状況や自殺によって家屋内に体液が残っている場合、殺人などで 家屋内に血液などが飛散している場合など、このように誰にも発見されずに見つかった遺体は、様々なものを周囲に残します。腐乱した遺体にはウジが発生し、 ハエも大量に集まります。実際、発見までに数週間経過した現場は想像を絶します。
病院で亡くなった場合とは違い、一人暮らしに多い例ですが、特に夏場のこのような現場はご近所に迷惑をかけないよう発見次第、速やかに特殊清掃行う必要があります。
遺体を発見した場合、必ず警察が立ち会って遺体を片付けますが、腐乱の進んだ遺体は様々なものを周囲に残し、それらの後片付けは、親族や保証人(物件のオーナー様なども含む)が行わなければなりません。親しい方が亡くなられ、衝撃的な現場を見た後に、通常では考えられないような状況の現場の掃除を一般の方が行うのは非常に心苦しいと思います。このような 状態になった現場の後始末は誰もができる訳ではなく、引き受けてくれる業者も限られてきますが、専門業者なら「特殊清掃」として家屋の掃除を行います。通常このような場合、オゾン装置を使用することによって、見えない空気のよどみも浄化いたします。
また、このような現場の場合、清掃するだけでは「現状復帰」が難しい事も多く、亡くなられた際の出血などは、床や壁に染み込んでしまい、完全に元通りに清掃する事が出来ない場合も少なくありません。その場合はリフォームという形で、元の状態に戻す方法が一般的となります。

今すぐ専門家を探す

遺品整理に強い専門家をPICK UP!!

遺品整理に強い専門家を「遺品整理専門ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 QRコード